CSVを突合して比較する

2018年10月8日

「CSVを突合して比較する」簡単ガイド

「CSVを突合して比較する」は、2つのCSVファイルのキー項目を指定して一致するデータの中からキー項目以外で指定した項目を比較するためのツールです。
最終的には以下のようなExcelファイルをダウンロードして利用していただけます。

では「CSVを突合して比較する」を開いてください。
次にテスト用のCSVファイルをダウンロードして解凍しておいてください。

2つのCSVファイルをアップロード

まず、2つのCSVファイルをドラッグして下記の青いサークル部分にドロップしてください。

そうするとCSVファイルの1行目にあるヘッダーが左右それぞれに表示されます。

なよせ研究所のWebツールではCSVファイルの1行目は必ずヘッダーが必要です

マッチングキーを指定する

表示されたヘッダーの中から突合(名寄せ)に使用するマッチングキーを指定します。
※この例では、先ほどダウンロードしたテスト用のCSVファイルでは、「姓・名」にあたる部分をマッチングキーとして利用しています

マッチングキーはCtlキー、Shiftキーを使用して複数指定することができます。

「突合順を決定する」をクリック

「突合順を決定する」ボタンをクリックするとマッチングキーとマッチングキーに指定しなかった項目のヘッダーが表示されます。

マッチングキーを並べる

2つのCSVファイルのヘッダーで指定したマッチングキーは並び順が合っているとは限りません。
合っていない場合には下記のようにマウスでドラッグ&ドロップして並び変えてください。

マッチングキーは左右それぞれ突合(名寄せ)キーとして正しく並んでいる必要があります

比較する項目を指定する

マッチングキーに指定しなかった項目のヘッダーの中から比較したい項目をひと組以上指定します。

項目はCtlキー、Shiftキーを使用して複数指定することができます。

「比較順を決定する」をクリック

「比較順を決定する」ボタンをクリックすると比較項目に指定した項目のヘッダーが表示されます。

比較したい項目を並べる

比較したい項目は並び順が合っているとは限りません。
マッチングキーと同様に合っていない場合には下記のようにマウスでドラッグ&ドロップして並び変えてください。

比較項目は左右それぞれ正しく並んでいる必要があります

あいまい突合オプション

あいまい突合オプションは突合(名寄せ)キーに対して指定するオプションです。
※比較項目に対してのオプションではありません

会社種類の区別、新旧漢字の区別、誤認識文字の区別などの詳細は下記の「あいまい突合」をクリックして各説明のPDFをご覧ください。

「突合する」をクリック

「突合する」ボタンをクリックすると突合(名寄せ)キーで一致したCSVが表示されます。

紫の行と白い行がそれぞれのCSVファイルの比較結果です。
この例では「姓」と「名前:姓」、「名」と「名前:名」を突合(名寄せ)キーとして一致したものを表示しています。それ以降は比較項目として指定したものが表示されています。

CSVデータによっては白い行が複数行一致することもあります

比較項目の背景がオレンジになっているものは、紫の行と同じ列と比較して不一致となった項目を表しています。

「ダウンロード」をクリック

「ダウンロード」をクリックすると「ダウンロード」用のページが表示されます。

開いたページでもう一度「ダウンロード」ボタンをクリックするとExcelファイルがダウンロードされます。

使い方は動画でも配信しています。
使い方のYouTubeはこちら
以上です。
よければ使ってみてください。

Posted by Arqenza